Designのこだわり①お打合せの大切さ

今回は、私がやっているデザイン事務所「Ayaky Design(アヤキーデザイン)」と

ウエディングペーパーアイテム専門店「Whimsical Brides」について綴ろうと思います。

どちらも私の会社なのですが、Ayaky Designの方は会社名で、Whimsical Bridesの方はブランド名といった住み分けです。


デザイン全般のお仕事はAyaky Designの方で、ウエディングに関してはWhimsical Bridesの方でお引き受けしています。

なんだかんだで独立して4年がたちました…。

ベンチャー企業は(じゃないけど)3年持つかが第一関門。と言われる中で、何とか今でもこのお仕事をさせて頂けているのは周りの皆様の支えがあってこそだと、心から思っています。

(支えて頂いているエピソードも沢山あるので、別の機会に綴りますね)


さて、この4年間で私なりの小さなこだわりを貫いてお仕事をさせて頂いている事があり、これは是非、キチンとお伝えしたいとずっと思っていたので、何回かに分けて文字にしたいと思います。

お伝えしたいことは大きく分けて3つあります。

①お打ち合わせの大切さ

②印刷技術及び紙の素材についてのこだわり

③デザインをお任せいただく上でのこだわり


今日はその①つめ。「お打合せ」についてのこだわりについて綴らせてください。

お仕事をご依頼頂く際には、制作に入る前にお打ち合わせをお願いしております。

基本的にはフルオーダーでデザインをする事が中心の為、イメージの齟齬やコミュニケーションエラーを防ぐ事を目的としています。

対面でお会い出来る方は直接、私は東京に事務所を構えているので、遠方の方はfacetimeやskypeで実施をさせて頂いています。

例えば、ご結婚式アイテムのお打ち合わせの場合は、お式全体のコンセプトや、ゲストに伝えたいこと、装花やテーブルコーディネートのイメージなどをお伺いしています。

「何で根掘り葉掘り聞いてくるんだ?この人面倒くさいな。」とお思いになるかと思うのですが、これにはちゃんと理由があります。


これは、自分がプレ花嫁だった時代の事や、マイナビウエディングで働いていた時に経験した事なのですが、ウエディングにおいて、「あれもしたい」「これもしたい」と、やりたい事が沢山になってしまう方と、(私の場合はこちらでした)

「そもそもどんなことが出来るのか分からない」と迷子になってしまう方がいらっしゃいます。

前者のやりたいことが沢山の場合は、簡単に言えば自己満足になってしまっているパターンや、後者の何が出来るのか分からない場合は、直前になってあれもやりたかったのにな‥と後悔したり焦ったりしていらっしゃる方が多く感じました。


ですので、どのようなペーパーアイテムがおふたりのご結婚式に必要なのか、

どのようなデザインであれば、ご結婚式に彩りを添える事が出来るかを、

お打ち合わせを経てご提案させていただければと思っています。


お席札や、メニュー表はテーブルに乗っかっているものですので、テーブルコーディネートを一緒に考えたりすることも勿論あります。


後は、お打ち合わせ中に今までの制作物を見て頂いたり、紙見本などをご覧いただき、

②印刷技術及び紙の素材についてのこだわりを感じで頂いたり、

(これについては次回の記事で詳しく書かせてください)

実際にお話する中で、この人に任せても大丈夫そうだなと少しでも安心してお任せ頂きたいと思っています。


既製品ではなく、こだわりを持ってオーダーメイドで作りたいと考えてくださったからこそ、

ご結婚式全体のことをトータルで一緒に考えて、世界にひとつだけのものが作りあげたいなと思っていて、そのためにお打ち合わせは不可欠だと思っています😊

0コメント

  • 1000 / 1000